傾聴力を鍛えよう。

緊急的に必要に、なりましたw

聞く能力
は高いっぽいけど


結構聞く気がなくて。


ソレこそ本末転倒。そこで、【傾聴力】

「相手に話してもらう」ってまだまだマダマダ。

σ(゚∀゚ )オレン中で
うまく行った。上手くいってる例は
殆どがパワハラなんだよなー。




まぁ要因としては

・せっかち
・プライドが高い
・話してくれたと言うチャンス、好意を大事にする
(気が無いw)
(逆説的に)・沈黙を恐れない

だな。

だから、自分を落として考える?べき?
とか?いろいろ悩んだけど


【そもそも、会話したところでコミュニケーション100%は不可能】

って事に焦点を置くべきだった。



割とガキの頃から、ガイジンとも仲良くなりたくて
【人は基本的に誰とでもわかりあえる!】

って理念があって

両親とかとの考えの違い?を目の当たりにして
【人とわかり合うことは、完全には不可能】って知って

友達とか、大事な人に
【人はあなたを心配もするし、尊重もするよ。あなたに価値はあるよ】
みたいな事を気付かされたね。



最近。んで、大失敗してまた忘れてたケド

・理解とか、コミュニケーションの100%を目指さない事

・焦らないこと

これが大事。いや全てなんだなーって。

自分が出来てたとしても。


自分いや。→【人間ってもんは】

(コミュニケーションってものにたいして「理解」だね)

理解って 実は 不可能で
共感と実感という「経験」を
「理解」としてる部分が多くて

コトバとか行動で、リターンがあるとき理解
としてるんだなって。




んーーー。「待つ」か、。。。

待つ=自分の中で宗教的に消化するなんだよな。





わりと、「黙っていいカッコする」って。
答えに近いなぁー。


でも、ソレって内容が伴わなくて。

でも、会話行動しなきゃ物事は進まなくて。


ああ。( ゚д゚ )彡そう!そう。
先祖からの能力があると仮定したら黙っていいカッコ
で終わるんだよね。




そうか。
能力開発軸と
実践 結果 の所は違うんだよなー


じゃあ、練習試合と
練習と
秋季大会と
甲子園

を明確化すべきなんだなー。

自分の中で