体育会系昭和思考

 自分の根幹にあるけどね。使わんけど。

 

この人、努力と思いたくて、もともと才能信者だった人なんだよね。

だから「フィールド」とかちょっと個性的で、少し離れた「語」を使用してる。

 

www.youtube.com

 

だから、「俺も努力に目覚めたんですよ!」アピールって事。

ふわふわした話なので、3部に分けてもう少し具体的にはなしたら、真剣ならやる気ない人でもやる気の出し方に気づけるかもしれない

企業の特性

 σ(゚∀゚ )オレに目をつけてくれる処は、ある意味扱いがぞんざいで「這い上がってこいや」って大きめの企業みたいだ。コッチが「休みてえ」って言ってるのにワンちゃんあったら、「コレは満たしてるから良いよね?」って、自分にも通ずるところ有るけど横道だよね。

 

 投資なんだろうな。

 

そんな感じで、転職活動飽きた。

営業職から見る、世の中の摂理

 介護職員を勧められたので、真剣に考えてみた。そういえば、農業のときも同じ事あったな。

 

 課程論・経験則として、「真剣な人ほどチャンと否定してくる」「絶対にオススメはしない」って処。

 

農業の時は明確に判った。

芸能人も、明確に嫌だった。

 

 急に変えたくないんだろうね。こっからはただの後悔なるから良いや。

 多分親父に相談しても、うまく使われるのがオチ。( ゚д゚ )彡そう!世の中は99.9%くらいが使い捨て搾取の一方通行

 

営業職って、ドラッグと似てるのかも。凄く気持ちいいケド、一瞬。芸能人とも似てるのかも。

 自分は得意だけ向いてない。完全消費は、使い捨て、は、したくないからだ。

 

 こうしてみると、日本は改めて豊かで、飽和状態で、歩きにくい世の中でもあると思った。

土地と未来と森ビル

 都会は、(人が溢れてるから)

新築(ビル)⇒廃れて空き家⇒会議場、イベント会場

 

その過程で、イベントと絡めて、持ち主が変わる

 

制約を回避するために。全部金積んでお任せ出来るように。そんなニーズのために、持ち主移転の過程で、買い占めが起こる。

 

田舎の建築屋でも起こってるって聞いた。

バ美肉

バ美肉バーチャル美少女受肉

らしい。NHKでロシア出身、フランス語圏スイスの女性博士が日本文化研究してるって。面白くて見てたけど、なんか結論わかっちゃう。

 気持ち悪いし、悲しいなって自分の意見。

 

 博士は、良いフィールドワーク現場として、その狩り場を冷静に美味しく利用していきたい。って興味はあります。外人なんで責任はありません。って事なんたよね。

 

バ美肉した人側と、博士の重なる部分は、「別の自分を取り繕ってがんばる」ってこと。本来の自分ではプライドが高いから、別の視点でより冷静になれるって処に、共通点があるんだろうと思う。

 

 

確かに、その分析は的をいていて、歌舞伎のおんながた、として、元々日本は裏表を、一部良しとする文化が在るわけだ。

これは、和歌やらうたでうたわれた「世の中はどうにもならないもの」ってのを別の形で表したもので。

言い換えれば、ストレス発散の場。二重人格、二重生活のすすめ。でもあるわけだ。

 コレはNHKがバーチャルとの向き合い方と、バーチャルとリンクしたドラマ制作の下準備であり、方向性を感じずには居られない。

 

 

 正直な、はなし、わたしは結構推進歓迎派ではあるのだが、突き詰めていく性格上。それは「別荘であり、いずれ管理手放さなければならないもの」って認識でいる。いわば贅沢なのだ。

 

 

あー、ただこういう見方もできる。

お金を貯める人

人脈を増やす人

絵画や美術品を集める人

土地やら不動産を集める人

機械やら、企業を集める人

 

ソレとおなじことが、バーチャルって安かったり圧縮可能な、効率化更に可能な世界に手を伸ばしていくって

 

楽してるのだか?ムズカシイ事してんだか意味わからないことなんだよね。

 

σ(゚∀゚ )オレは、推しょう?しつつも、「還元率の良いことやろうよ」って思っちゃうし、選んでる。

 

でも、鉱脈みたいなもんで、一番はじめに旗を立てたら、ずっと楽してその後暮らせるから。間違ってはいない、楽しい宝くじ購入人生でもあるなと

栗山ノート見て

 得手不得手は精神力である。っと点に気付かされた。俺の場合、精神力強くなった方だから、好き嫌いで表現しちゃう。

不得手を無くしてきた。から。

だから、好き嫌い。やるやらない(結局勝ちにいくならやる以外の選択肢以外が自分にはない)